銀行 借入

銀行で借入するならカードローン

カードローンの見分けかたも大切ですが、やはり本筋は、総量規制対象外のカードローンを見分ける部分にあります。総量規制の対象外となる金融は、銀行だけと説明しました。つまり、銀行系のカードローンであることが重要なポイントとなります。

 

金融を見分ける方法は、その金融のホームページの下の方にある、法律上の表記や会社情報などといったリンクをクリックしてみてください。公正に運営されている金融であれば、消費者金融であれ銀行であれ、必ず企業の情報が明記されているはずです。その会社の商号として、正式に○○銀行と名乗っている金融は、銀行系になり、借入をしても総量規制の対象外となります。

 

金融も非常に数が多いですから、中には紛らわしいものも多く存在します。たとえば、レイクを例にとって考えると、同社は、消費者金融としてのイメージが非常に強いですが、実は現在では新生銀行の傘下として、銀行業法が適用されているため、消費者金融ではないのです。正確にいえば、銀行系の消費者金融とでもいえばいいでしょうか?こちらのサイトも、会社概要から商号を確認すれば新生銀行となっており、銀行系であることがわかると思います。

 

ちなみに、世の中には公正な運営をおこなっていない悪徳な金融、すなわち闇金融も多く存在します。消費者金融であれ、銀行であれ、まずは知名度を確認してください。聞いたこともないような名前の金融は、銀行か消費者金融かを問う前に、借りない方がいいでしょう。

 

総量規制対象外の他にも条件は豊富

総量規制対象外のカードローンの選び方や、見分け方、さらにはその他の総量規制対象外借入についても、説明してきました。より、カードローン選びに重点を置いて説明していこうと思いますが、やはり、カードローン選びは総量規制の有無だけではありません。

 

総量規制の対象外となる金融からカードローンを借り入れるとして、年収に左右されづらいというだけで、お得になるわけではありません。カードローンをよりお得に借入していくには、しっかりと総量規制対象外のカードローンを比較していかなければいけません。

 

比較の対象やポイントとなる条件は沢山ありますが、やはり、まずは用途にあわせて選んでいくということが大切になるのではないでしょうか?カードローンは、借入のたびに審査を必要しないことは、既に説明してきましたが、逆にいえば、カードを発行して手元に持つまでに時間がかかります。即日融資系が多い、キャッシングやローンに対して、即日発行という面では、カードローンは圧倒的に弱いです。

 

事前に持っておくことが大切ですし、もし、防犯の面からあまり多くのカードを持っておきたくないという場合は、素早く発行できるカード会社を選んで借入する必要があるでしょう。キャッシングのように即日融資とはいきませんが、銀行系のカードでも最短3日ほどで発行できるモノも存在します。

 

他には、やはり金利はしっかりと比較していくべきですし、借りやすさや返済のしやすさという面も、非常に重要な比較対象となります。

 

 

金利で選ぶ銀行カードローン
総量規制の対象外となる、銀行系のカードローンは、金利も良心的であることが多いですが、侮ってはいけません。金利も金融によって大きく差がありますから、しっかりと選んでいかなければ、損をすることになります。

 

まず、金利には上限金利と下限金利があることを理解しなければいけません。上限金利とは、その金融で借り入れた時の一番最大となる金利設定で、どんな条件で借り入れても、それ以上になる事はありません。下限金利は、文字通り一番条件の良い、最も低い金利の設定です。基本的に、よっぽど限度額いっぱいの高額な借入をおこなわない限りは、下限金利が適用されることはありません。上限金利の低さで比較をしていくのが無難です。

 

また、カードローンの返済方法にはリボ払いという方法が採用されていて、これは、毎月の返済額を自分で自由に決められる返済方法です。とはいっても、最低返済額は決まっており、それ以上の額で自分の自由に返済額を決められることになるわけですが、返済額が自由に決められるということは、返済が長引く可能性もあり、その間、どんどん金利が付加されていきます。

 

低金利なカードローンを選ぶことは大切ですが、それと同じくらい、そのカードの利用限度額の設定は重要です。はじめてカードローンを利用する場合は、限度額を低めに設定しておくといいでしょう。知らない間に高額な借入をおこなってしまい、返済が長引いたり、金利が膨大に膨らむリスクを少なくできます。

 

 

返済方法と返済額で選ぼう!

最後になりましたが、カードローンは、非常に自由度の高い借入方法です。つまり、自分で責任を持って管理していかなければ、借りすぎてしまったり、金銭感覚を大きく狂わせることになってしまいます。借り入れる際には、金利や総量規制の有無なども、もちろん重要ですが、それと同じくらいに返済性も考慮して選んでいってください。

 

カードローンにはリボ払いで、毎月の最低返済額が決められていると説明してきました。この最低返済額もカードや金融によって変わってきます。たいていでは1万円前後が一般的ですが、中には5000円を切るような最低返済額のカードも存在します。毎月の返済額が低い方が、月々の負担が少なくなることは間違いありません。

 

返済方法も、単にリボ払いといっても、非常に多くの種類があります。銀行振替のように、毎月引き落としてくれるようなリボ払いも存在するのです。自分にとって、どのような返済方法が、一番無理なく継続的に返済していけるかを十分に検討して選んでいくと良いと思います。

 

最低返済額は、なるべく少ない方が負担が少ないですが、一方で、借り入れた総額と返済期間の計算は自分でしっかりとおこなわなければいけません。楽して毎月最低額で返済するのではなく、計画的に決められた額を継続して返済していくと、いいのではないかと思います。

 

長らく、総量規制の対象外カードローンについて、お付き合いいただき、ありがとうございました。最後に念を押しておきたいのは、総量規制の対象外であっても、審査がないわけではありません。審査を受けてみる価値はありますが、必ずしも審査に受かるとは限りませんので、その点だけは理解しておくといいと思います。